2014年11月23日

Home

女性が嫌がるアクセサリーを選んではいけません

ゴテゴテのアクセサリーは厳禁アクセサリーは男性、女性共にいろいろなものがあり、着る服やイベントによって似合うものを選ぶことでよりいっそうおしゃれに見えたり、自分自身でおしゃれを楽しむことができるアイテムです。

ただ男性のアクセサリーについては女性から見るとあまり素敵に見えずに、むしろ嫌悪感を抱いてしまうようなものも多くあります。まずおおぶりのゴールドのネックレスや指輪は好まれません。女性が一般的に好む男性のアクセサリーの多くはシンプルなものが多いからです。

また女性はピアス、指輪、ネックレスといろいろなものを着けてもそれほどくどい印象を与えることはありませんが男性がピアス、指輪、ネックレスといろいろなアクセサリーを着けていると着けすぎて好感が持てないと思う女性の意見も多くあります。

ですからアクセサリーを着ける時はシンプルなデザインのものでネックレスのみ、ピアスのみという感じでさりげなく着けるほうがおしゃれに見えるといえます。

また十字架やドクロのような独特のモチーフのものはおしゃれに見えるデザインもありますが、たいていは迫力があって恐そうな雰囲気の人柄に見られてしまうことが多いので女性にはあまり好まれません。

これらのモチーフのアクセサリーを選ぶ場合は小さめのものを選んだり、服装をシンプルにしてさりげなく見せるようにしたり、カジュアル感のあるデニムスタイルの時に着けるほうが人気があります。

アクセサリーの付けすぎに注意!

アクセサリーの付け過ぎNGアクセサリーはおしゃれをするためのアイテムの1つで世の多くの女性はそれを身に着けて自分自身をキレイに見せかけています。

一方男性はというと確かにそのアクセサリーを身に着けている人も見かけたりするのですが、男性がそのアクセサリーを多く身に着けすぎると逆に女性から嫌われてしまうのだそうです。

なぜ男性はアクセサリーを多く身につけると嫌われるのかについてですが、理由の1つは女性の年月の経過による心理の変化が挙げられると言います。その年月の変化による心理の変化ですが、それはアクセサリーを選んだセンスが間違っているのではなくて、女性たち自身の存在を引き出してくれることを望んでいるというのです。

つまり女性というのはアクセサリーをたくさん身に着けて存在感をアピールしていたりします。そこに男性が来た場合、その男性が女性と同じようにアクセサリーをたくさん身につけていたとしたら、せっかくたくさん身に着けていた女性たちの存在感が薄くなってしまうというのです。

だからそのような男性は嫌われる対象になってしまうのです。つまり女性たちが身につけたアクセサリーなどに注目してもらうために、パートナーである男性はアクセサリーを着飾らない普通ではダメけど派手すぎてもダメで洗練されたマイナスのファッションを心がける人の方が好まれるというのです。

見落としがち!せっかくセンスのいい指輪を選んだとしても・・

男性は女性と比べると体毛が濃い傾向があり、それが女性にとっては男性的魅力に感じるケースも有りえる訳ですが、あまりにも濃すぎたり、あるいは、手入れをなにもしていない状態である場合に関しては、苦手意識を抱く女性も少なくありません。

たとえば女性には、男性の体のパーツにおいて、手や指に注目する人が少なからずいて、その造作や動きに対して男性的魅力を覚える人も多く居ます。そして例えば、がっしりとした以下にも男らしい手に、濃い目の体毛がに生えている場合において、強さやたくましさを感じ取り、好感を抱く人も居ます。

しかしながら、その毛があまりにも太くて濃い剛毛であったり、もじゃもじゃと生い茂るように生えていたりすると、触られたくない、手を握られたくないと、生理的に受付けられない女性が多数居ます。

また、ほっそりと美しい指をしているにもかかわらず、手の甲などに剛毛が生えていると、とても幻滅した気分に陥る女性が居ます。

女性は指毛を嫌う以上のように、女性においては、男性の指毛に幻滅する傾向が強く、たとえば、せっかく素敵な指輪をしていて似合っていたとしても、指毛が生えている事で、全てが台無しになってしまう可能性があります。お洒落に思われるどころか、嫌悪されてしまうのです。

従いまして、男性において幅広い女性から好感を得るためには、日頃から手の箇所に関するムダ毛の手入れは大切であり、適宜、メンズ脱毛を行うなどして、綺麗にしておくほうが良いと考えられます。